HOME

”Kimamani Script” へようこそ

フリーソフト

App_Bsmtp_Mail

Excel VBA でBsmtpを利用してメールを一斉送信(Bsmtp_Mail)
フリーソフトの BASP21 DLL を、SMTPサービスと組合わせ、VBAスクリプトを利用して直接Windows からメール送信を行うアプリケーションです。
《特徴》
EXCEL の VBA からBASP21 DLL を呼び出してメールを送信します。
この汎用コンポーネントBASP21 DLL の SendMail を使用してメールを処理しますので、大変信頼性が高いと思います。

《注意事項》
このアプリケーションを動作させる為には、BASP21 DLL が必要です。
  メール送信にはBSMTP.DLLを使っています。
  http://www.hi-ho.ne.jp/babaq/basp21.html からBASP21をダウンロードしてインストールしてください。 

  BSMTP.DLL のみ ダウンロードされた場合は、BSMTP.DLL を、このエクセルファイルと同じフォルダーにコピーして
  このエクセルファイルを起動してください。
  OSを判定して適切なWindowsフォルダーにコピーいたします。
《インストール》
このEXCELファイル単独で動作します。
任意のフォルダーにコピーして使用してください。
《使用方法》
1.App_BSMTP_Mail の設定
App_BSMTP_Mail.xls を開くと、右図のようなダイアログが表示されます。
差出人氏名・差出人メールアドレス・SMTPサーバ名・ログ保存場所を入力ください。
テキストボックスに入力し「登録・更新」を押せば、新規登録が出来ます。
2度目以降からは、変更があれば修正し「登録・更新」を押します。
変更が無ければ「確認」を押してください。
2.App_BSMTP_Mail.xls :ワークシート「LIST」の説明
ワークシート「LIST」にメールアドレスなどを入力して利用ください。
シートの項目名は変更しないで下さい。
カスタマイズの目的で変更する場合は、「列:G」に設定してある演算式を理解した上で変更してください。
%○○○%のように「%」で囲まれた列にあるデータは、送信用本文(ワークシート「TEXT」)にレコードごとに組込みされます。
リストを増やす時は、既設定の行をコピーしてください。
演算式は、G列とI列に設定されています。演算式もコピーされていることを確認してください。
「対象」
一斉送信の対象とするレコードには「1」(半角)を入力します。
送信が成功すれば「完了」、失敗すれば「エラー」表示に変わります。
データを入力しなければ(又は削除)メールの送信はおこなわれません。
「送信先情報」・「送信元情報」
%送信先社名%・%送信先部門%・%送信先氏名%・%敬称%を入力してください。
空白であれば、本文に表示されません。(例えば、個人宛であれば%送信先社名%・%送信先部門%は空白…というように)%差出人氏名%:本文に表示される差出人氏名となります。
「送信先メールアドレス」・「件名」
メールアドレスは必ず入力してください。
「添付ファイル」
ファイルを添付する場合は添付したいレコードの「L列」〜「N列」のセルをアクティブにして「添付ファイルを選択」ボタンを押します。
表示されたダイアログボックスから「添付ファイル」を選択してください。
添付ファイルは、「L列」から順次指定してください。最大3個まで添付できます。
添付が必要ない場合は、セルを「空白」にしてください。
「本文」
シート「TEXT」で本文を作成してください。
プレビューは、シート「LIST]の最初のレコードのデータが表示されます。
「署名」
署名は、シート「TEXT」にありますので、自由に修正して利用ください。
不要の場合は、削除してください。
3.送信処理
ワークシート「LIST」のセル「A1」にある「送信」ボタンを押してください。
《更新履歴》
2006/06/12:ver1.0.0  リリース
ダウンロード(右クリックでダウンロードしてください)
App_CDO_Mail.xls
本アプリケーションは無償でご利用できます。
スクリプト等にもプロテクトをかけていません。カスタマイズも自由に行ってください。
バグ情報などお聞かせください。